北川民次著「子どもの絵と教育」


■■■「子どもの絵と教育」
1.著者紹介 ―北川 民次―

1894年(明治27) 静岡県に生まれる。

1913年(大正2) 早稲田大学中退
1914年(大正3)〜1921年(大正10)

ニューヨークに美術を学ぶ
1923年(大正12) メキシコに渡り、トラルパムで児童美術教育に携わる
1924年(大正13) メキシコ美術学校卒業
1925年(大正14)〜1936年(昭和11)
メキシコ野外美術学校教師 および 校長
1936年(昭和11) 帰国
1937年(昭和12) 二科会会員となる
1943年(昭和18) 瀬戸市に疎開
1951年(昭和26) 名古屋市内に児童美術研究所を開設
1952年(昭和27) 第五回中日文化賞受賞
1964年(昭和39) 現代日本美術展優秀賞受賞
1978年(昭和53) 二科会会長となるが同年辞任する
1979年(昭和54) 二科会脱会


主な著書に、『絵を描く子供たち』『美術教育とユートピア』『メキシコの青春』等がある。


1989年(平成1) 死去。